">

ボルゾイのつくる朝食

朝、床の上。昨夜テーブルの上に置いておいた食パンが転がっています。
拾ってみると、なにやら得体の知れない型押しがされています。

足形の付いた食パン

紛れもない足形です。 
いい具合に凹んでいます。この大きさからして、犯人の目星はついています。おそらくこいつでしょう。








こいつが犯人 






さて、このボルゾイの足形がトレードマークの食パン。知り合いのドッグカフェで売り出してもらえないかとしばらく考えているうちに、朝食のグッ☆アイディアがスコーンとひらめきました。 

凹みにトマトソースを流して、




ピザトースト(ドラえもん風に)
ピザトースト

 すんごいまずそううまそう。
足形にピザソースとチーズをのせるのがコツです。
早速食べようとすると、トーストの後ろから熱い視線を感じます。

一体、誰だっ??







くれないのか?
ひと口でいいですだ 




あげません。     


by家来1


ボルゾイ伝説CLASSIC
初投稿:2005年03月01日
再編集済



このブログも2005年2月にスタートしてから5年の歳月が流れました。始めた当時は、とにかく1年間続けることを目標に毎晩記事をひーこら言いながらアップしていたのですが(ひーこら言ってた割には・・・というのは禁句)今やご覧の通り、年間9記事どころか、3ヶ月間でこの記事を入れて2記事めという見事な怠けっぷり過疎っぷりを露呈しているわけです。しかし、このままのペースで行くと今年は年間5記事というほとんど地殻変動並の更新となってしまい、根気強くお付き合い下さっている一部の読者の方達からも呆れられて忘れられてしまうこと必至。
これではいけないという事で、遅ればせながら楽して更新出来る改善方法を考えることにしました。

・・・・で、不眠不休で必死に考えた末に思いついたのが、大泉洋氏を擁して全国的にヒットした北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」や今や携帯音楽プレーヤーの代名詞になったipodに見られるclassicシリーズ。つまり、過去に流行った内容を再編集して新しい物として売り出す手法で、これをブログに応用すると過去記事のネタを再編集して最新記事にしてしまうという画期的でものぐさな私にぴったりな更新方法が可能になります。これは時系列で整理された日記系ブログだと問題がありそうですが、うちみたいなネタ系が主コンテンツのブログだと、更新が進むに連れて記事も纏まっていきますし、最終的にはアート&ネタ系ボルゾイサイトとして方向性が明確になってくる筈なので一石二鳥。要は、PCのデフラグみたいなものです。但し今までのネタのプール(再利用出来そうなのが約50本)があっての更新技なので、デフラグ終了後にまた悩むことになるのが既に織り込み済みだったりして(汗)

と言うわけで、見覚えのある方もいらっしゃると思いますが、この記事はブログを始めた当時、笑いというものを少しだけ意識して作った最初の記事です。(そんなに笑えないというつっこみは厳禁)
この記事が原点になって最近のアルチャン・デュボアネタに続いているわけです。それにしてもセレスが若い!

ひさしぶりにブログ村のランキングに参加してみました → にほんブログ村 ボルゾイカテへ
posted by け | Comment(4)
Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。