">

ルーボル美術館主任学芸員登場

NYジョグギャラリーに収蔵されている事で有名な、フィレンツェの巨匠が残した世紀の名画がルーボル美術館に寄贈されることが、23日超田舎会議で満場一致で決定しました。一報を受けたルーボル美術館側は、早速作品の鑑定の為に腕利きの鑑定士として評価が高い最高の学芸員をジョグに派遣すると24日午後に発表し、そして本日、あっという間に噂の学芸員が、ジョグギャラリーにやってきました。
















アートのスペシャリスト。
a0501012-1092.jpg





















好きな食べ物:焼き芋・天津甘栗
a0501012-192.jpg



















 ルーボル1の鑑定士として名高いアルテリーナのお墨付きをもらった作品は、この後ルーボル美術館に渡り、3重に張りめぐされた強化ガラス張りのケースの中に陳列され世界中の注目を集めることになるでしょう。































【アルテミス・リーザ・ボルゾイーニ・デル・ジョコンドの肖像 ※通称:ボルリザ】
mona.jpg












by家来壱

ボルゾイ伝説CLASSIC
初投稿:2005年11月5日
再編集済





1年3ヶ月ぶりの新作、いえ、再編集ネタです。当時の5万アクセス記念で、名画とボルゾイをコラボさせたCG作品とルーボル学芸員が共に初登場した時の記念作品ですが、種を明かすと、実は彼女は本当の学芸員ではなくてうちのアルテミスというボルゾイがモデルをしています。そして、金髪は残念ながら地毛ではなく、ウイッグです。
「ボルゾイにウイッグ付けてじっとしているの?」と、良く聞かれるのですが、アルテミスは結構かぶり物が好きなようで、鏡の前で口と前足を使って器用に自分でウイッグを付けています。しかも観察していると、月曜はブロンドで火曜はブルネットというように曜日によって色を替えているようです。
さすがロシアの秘密兵器です。侮れませんね。
posted by け
Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。