">

お正月版-ボルゾイの正しい歯の手入れ方法












「A」




(注:あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。ちなみに今年は喪中なので年賀状は出せませんの略)




今年もよろしくおねがいします。

新年早々TSUTAYAにDVDを返却しに行かなくてはいけません。
これが非常に面倒くさいので、代わりに今日中に返却してくれる人を募集したいと思います。ひょっとすると今日のTSUTAYAは普段より早く閉店するかもしれないので急募です。
ところで。
正月と言えば鏡餅の白さが目を引きますが、体の中で白と言えば、白髪に白目に白い歯が「体の三白(からだのさんぱく)」なんて言って季語になっているぐらいですね。

「体の三白」をgoogleで検索する





検索してみましたか?



というわけで、今年最初の記事は「ボルゾイの白い歯の正しい手入れの仕方」について非常に分かりやすく説明したいと思います。













監修:ローくん
ボルゾイの歯の正しい手入れの仕方








まずは、健康な歯茎を作る為のお手入れ方法です。
歯茎は非常にデリケートで炎症が起きると出血することもあるので、日頃のマメなケアが大切ですね。
















fig1.ゴムブラシを使ったボルゾイの歯茎の手入れ
ボルゾイの歯茎の手入れの仕方






食事の後には歯と歯の間に詰まった歯垢を取ってあげなくてはいけません。これを放置しておくと歯石の原因になるので専用の「歯間ブラシ」や「糸ようじ」を使って丁寧に取り除きます。

















fig.2 歯間ブラシを使ったボルゾイの歯の手入れ
ボルゾイの歯間ブラシ






















fig.3 糸ようじを使ったボルゾイの歯の手入れ
ボルゾイの糸ようじ





糸ようじもボルゾイが使うと糸に見えませんね。まるで木の枝に見えますね。
歯の表面を磨くには、固い毛で出来たブラシを使う必要があります。
出来れば動物性の、そう、熊の毛のブラシなんて使ったら最高でしょう。

















fig.4 熊の毛ブラシを使ったボルゾイの歯の手入れ
動物ブラシで歯を磨くボルゾイ






磨いている最中にはちゃんと歯垢が取れているか確認するといいですね。出来ればふたりで向かい合ってお互いに確認し合うといいでしょう。

















fig.5 歯垢の確認
ボルゾイのプラークコントロール






最近は歯周ポケットのケア用に従来とは違った歯ブラシを使うことも多いようですね。特にシルキーでウェービーな細毛ブラシが効果があるようです。

















fig.6 歯周ポケットの手入れ
ボルゾイの歯周ポケットのケア










さあ、これであなたのボルゾイも明日から白い歯間違いなしですね。
専用の器具を使うことが多いですが、入手は比較的容易ですので是非愛犬をキラースマイルの似合う輝く白い歯にしてあげてくださいね。



それではまた来週〜


by家来壱


posted by け | Comment(37)

めっきり冷え込んできましたがボルゾイを布団に入れると暖房いらず。わあ便利。

秋も深くなって、だんだん冷え込んできました。

そろそろ布団にロシアンギャル、いえ、ロシアンボルゾイが欲しい季節ですね。

だけど、うちのロー君なんて二足歩行で熱い男ですから、このくらいの寒さでもありません。


















燃えてるドラゴン、ブルース・ロー







また来週〜




by家来壱
posted by け | Comment(17)

地獄系ボルゾイカルタ - 『た行』

暑い夏

朝一番は

コーヒーよりめんつゆ

色は似ている

風味も良い

コーヒーカップでめしあがれ








というわけで、ライフワークのカルタだ。












ボルゾイの地獄系カルタ「た」















ボルゾイの眉毛の役割は何かと考えると夜も眠れなくなることがあるんだ。
眉次郎或いは郎竹林という名で呼ばれることが多いロー。口一ではない。


















ボルゾイの地獄系カルタ「ち」



















ううう、育て方が間違っていたのか・・・と泣いても後の祭りだ。一緒に荒れよう。
荒れたボルゾイ














ボルゾイの地獄系カルタ「つ」


















人生綱渡りするくらいが丁度いいのよ(ターシャ)
石があれば登るし、水があれば泳ぐ。布団があれば寝るし、芋を食えばへが出る。人生とはそう言うものだ
















ボルゾイの地獄系カルタ「て」















手羽先というかももというかふくらはぎというか骨付きカルビというか。焼くより生が美味いんだ、やっぱり。
ボルゾイと噛み合って遊ぶのは楽しいぞ。
















ボルゾイの地獄系カルタ「と」
















また来週〜
大奥のたたかい










by家来壱
posted by け | Comment(82)

ボルゾイをカヌー犬にするために今私達が出来ること

日曜日は暑かった。
ひたすら暑かった。
ボルゾイ達もボル汁出まくりなくらいに暑かったし、
犬四郎が暑苦神拳奥義模流汁百烈弾を披露するくらいに暑かった。

こんな日はエアコンの効いた部屋でのんびりとそうめんでもすすりながら、北欧の暗いメタルをBGMにボルゾイの頭に靴下をかぶせて遊んだり、人生ゲームをして子だくさんになったりするのが正しい過ごし方だと思っていたのだが、世話係はそんな私の生活スタイルを認めてはくれない。

「川でカヌーに乗るで」



そう。この辺は月曜日は燃えるゴミの日で金曜日はプラスチックの日だが、我が家では先月末から日曜日はカナディアンカヌーの日になってしまったのだ。
ちなみに、水曜日はラーメンを食べる日で、木曜日と土曜日は特に決まっていない。

というわけでカヌーに乗るわけなのだが、ただ私と世話係が水面を漂うだけではおもしろくないので、お約束通りにいたいけな犬達を生贄(いけにえ)にすることにした。
場所は、家の前を流れている大河?N.Y。大がかりにならないで散歩感覚で行けるところが田舎の利点だ。




まずは、アウトドアと言えば彼女をおいて他にはいないであろう、ゴールデンレトリー婆のマイラだ。

canoe-153.jpg












よし、カヌー犬マイラ。川はおまえのものだ!いくぞっ





















前を見てくれません
canoe-149.jpg







さすがのアウトドア犬と言えども、まだカヌーの楽しさは分からないらしい。
まあ、仕方がない。

よし、次はぼうくんだ。
いけにえ2号、いや、地獄系ボスの貫禄を見せてやれ!
























乗れるのか。乗っていいのか。
ボルゾイの無理があるカヌーの乗り方








なに、体がでかくても大丈夫だ。後ろに私が乗ってるから前におまえが乗ればバランスは取れる。何の問題もない。

























お客様、前にお詰め下さ〜い。
ボルゾイの正しくないカヌーの乗り方











ああ、仕方がないな、セレス。
前が見えないのは気のせいだ。


























船首が水面から浮いているのも気のせいだ。
ボルゾイの正しくないカヌーの乗り方








こうなったら、いけにえ3号、いや、我らがシリウスがお手本を見せてあげようじゃないか。
見よ、このライフジャケットの着こなしを。























にやつくシリウス
ボルゾイのライフジャケット着用例








まあ、着こなしなんか気にするな。どうせ普段は全裸なんだし。 よし、颯爽とカヌーに乗るんだ〜。










































ライフジャケットは泳ぐため
canoe-028.jpg





というかね。





canoe-053.jpg







































遠泳
canoe-039.jpg
















帰還
canoe-047.jpg








というわけで。


















canoe-158.jpg




by家来壱



おまけ
posted by け | Comment(24)

情熱のアンダルシア


待ちに待ったゴンザレスの出番だ。

















ああ













情熱の













アンダルシアに
























おらの













熱い



















ボル汁が流れるですだ













◆準備する物◆
・綺麗なカーペット
・陽気なゴンザレス




by家来壱
posted by け | Comment(24)

ボルゾイと記念撮影

年末に最近オープンした(※と思っていたら4・5年前からあると世話係に言われた)スタジオマリオという写真館で犬と記念写真を撮った。写真館での撮影は8年前にマイラとテラと一緒に撮って以来だ。
私は滅多に着ないスーツを着、世話係ももちろんNIKEのウインドブレーカー(ジョグ仕様)ではない。
今回のメインモデルはセレスとアルテミス。私と世話係の立場は当然お供である。
写真慣れしているぼーくんは微動だにせず終始カメラ目線で、筋肉おばちゃんあるちゃんは、あっち見てこっち見て落ち着かない様子だったが、おもちゃを振り回すスタッフのお姉さんに名前を呼ばれてロックオン。手際の良い対応のおかげで人犬共あまり緊張することもなくスムーズに撮影は済んだ。







田舎者がいいとこの坊ちゃんに見える法則
sIMG_9526.jpg
※1 お供は当然カット。
※2 あるちゃんの方がでかく見えてしまう(特に顔が)のは目の錯覚である。
※3 絨毯が毛だらけになったかどうかは定かではない。
※4 ボル汁が垂れたかどうかも定かではない。



by家来壱
posted by け | Comment(17)

1年2ヶ月ぶりの、新春ボルゾイ名画壁紙

みなさん。
























(注:あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。ちなみに年賀状は大晦日に出したので少し遅れるかも知れませんの略)



と言うわけで、元旦からめんどくさいけどこれでもやっておこう。
去年の年末大掃除の最中、DJの小屋で1枚の絵が見つかった。約1年ぶりの発見だ。埃にまみれていたこの絵をボル汁で丹念に拭き取ってみると、どうも名画らしいので、私達はルーボル美術館に鑑定を依頼をした。すると、早速元旦の初日の出と共に、パリの方からルーボルの学芸員がやって来たのである。
ルーボルは過去にも、




アルテリーナ・ジョリーや





アルロン・ディアスや
ボルゾイ学芸員




裏主任学芸員のジェニファー・テラストンとか
ジェニファー・テラストン




元ロックンローラー






といった腕利きの美女達をDJに派遣してきたのだが、今回はぴっちぴちのぱっつぱつでちょいワイルドな新人学芸員だ。



















ぴっちぴちや。ぴっちぴちやで、社長。
ルーボル美術館新人学芸員エラ・ジョボルッチ













某アクション映画次回作では無敵の女主人公を演じるという噂もある彼女は、チョコレートをショコラと呼ぶ生粋のボルジャンで、ショコラが切れると機嫌が悪い。




















バイオハザード。
ガラが悪いルーボル美術館新人学芸員エラ・ジョボルッチ








私達は早速彼女に絵を見てもらった。
この絵は、彼女の鑑定によるとボルフォンス・ミュッシャによって19世紀に描かれたポスターで、彼女の祖先に当たる、エラ・ボルゾイールという女優がモデルだという。

















ちょいとまぬけなエラ・ボルゾイールの幻のポスター
ss003354354.jpg









だが、彼女はショコラをほおばりながらひとしきり説明をすると、
「エラちゃん、おうちに帰る」
と言い残して、パリの方に帰って行ってしまった。

自分のペースで行動する。
それが、彼女の生き方だ。



というわけで、無駄に高画質な壁紙、通称無駄紙のDLのお時間だ。
人生無駄が必要だ。是非無駄にDLして、正月から無駄に時間を費やしていただきたい。




ボルフォンス・ミュッシャ「エラ・ボルゾイールのポスター」
ボルフォンスミュッシャのポスター
画面解像度1280x1024(283KB) → ボルゾイ版ミュッシャの壁紙
画面解像度1024x768(287KB)  → ボルゾイ版ミュッシャの壁紙

※1/2一部修正
続きを見てもいい
posted by け | Comment(18)

コボルのレトロな遊び、ボルートレインの秘められた実力

最近、知り合いに、
「コボルの名前ってサムとディーンですよね?」
って、聞かれた。

別の知り合いには、
「眉次郎と眉子は元気ですか?」
って、聞かれた。

まあ、どちらでも通じるので特に問題はない(違うかも)


そんなコボル達に元コボルが加わると、コボルトモトコボルとなって、さらに友子さんが加わると、コボルトモトコボルトトモコになって、さらに素子さんが加わるとコボルトモトコボルトトモコトモトコになって、ひじょうにややこしい。つまり何が言いたいのかというと、彼らが集まると、今時の子供はおそらくやらないであろう、非常にレトロな遊びが展開されるわけなのである。

それが、















電車ごっこだ。
0006455ffg.jpg






電車ごっこと言うが、外見の可愛さに反比例して実力は間違いなく本物だ。
羊の皮を被った山羊だ。
見ての通り、田舎ではメジャーな3両編成だ。
通称「ボルートレイン」。
昭和の香りを感じるレトロなネーミングは私のお気に入りだ。
2両目までが全席禁煙の指定席で3両目が自由席。6枚綴りの回数券を買うとお得だ。

計12個の車輪を持ち、安定感のある走りを実現した電車だ。
これだけでも充分に速いのだが、それに加えて3両目のジェット噴射の推進力は、この世の物とは思えないスピードを生み出す。
言うなれば、加速の鬼だ。
どうしてもジェット噴射が出にくい場合は、前日にさつまいもを与えておけばいい。
帝政ロシアの時代には、この姿で狼を追っていたために、馬がどうしても追いつけなかったというのは有名な話だ。

そんな技術の粋が集まった夢の電車だが、連結時には多少のショックを伴うのは構造上致し方ないところだ。




















今後の改善点
IMG_0920074.jpg



マニアなら、早朝からホームでカメラを構えることだ。
その際、シャッター速度は1/1000以上が望ましい。





by家来壱
posted by け | Comment(6)

母娘の会話から考察する雄ボルゾイの生態

「ママ〜、おじちゃんがお外で寝てるよ〜。」

「しっ、大きな声で言うんじゃありません。」

「ほら見て、ママ〜、おじちゃんちゃんとお布団かけてるよ〜」

「見るんじゃありません!」



























aaa4455.jpg











by家来壱
posted by け | Comment(3)

ボルゾイをクールにおやじギャグ

今日は11月5日だ。

1(お)1(やじ)5(ギャグ)


おやじギャグの日だ。

おやじがおやじたる所以の代表格であるDA-JA-REを、クールにさらっとかっこよくハイテンションに決める日だ。
決して、寒い駄洒落を独りよがりに披露する日ではない。

というわけで、今日はボルゾイをクールに表現してみた。























すばらしい完成度。
ボールだゾイ












何も言うな。
とりあえず笑っておけば丸く収まる。




by家来壱


posted by け | Comment(2)
Web Analytics
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。